会社案内

CSR

トップコミットメント

アテネのCSR活動について
 私たちアテネは、来る2018年に創業60周年を迎えさせていただきます。この間、時代の大きな変化に伴い、幾多の変革と業種転換を重ねながら今日に至っております。現在、私たちの事業は大きく分けて2本の柱によって構成されております。ひとつは『ものづくりとしてのハードの事業領域』。この分野では、創業当時より培われ続けてきた固有の超微細電鋳加工技術を用いたソリューションをご提供し、お客様の技術革新に貢献していきたいと考えております。もうひとつは『コンテンツの企画制作によるソフトの事業領域』。時代や市場のニーズを背景として、教育、プロモーション、エンターテイメント等の多様な分野における音や映像、インターネットの活用をご提案し、より良い豊かな生活にお役に立ちたいと考えております。
 私たちアテネが、これまで事業活動に勤しんでこられたのは、長年に渡るお客様のご愛顧とご指導の賜物に他なりません。これからも私たちは、さらなるお客様のご信頼にお応えし、必要とされる企業を目指して、社会的な責任を全うすべくCSR活動を推進して参ります。

アテネ株式会社
代表取締役社長 萩原 幸雄

アテネのCSR方針について

[社訓]
 誠意(約束を守れ)
 勤勉(常に最善を尽くせ)
 努力(現状に甘んじるな)

[経営理念]
 1.顧客の創造を目的とした経営を実践する
 1.常に需要者の利益を尊重し共存共栄を目指す
 1.創造的活動を通して事業の発展をはかり社会に貢献する
 1.社の発展が社員の生活安定と向上につながる経営を行う

 アテネの社訓と経営理念はお客様、お取引先様、従業員、株主、地域社会などの方々を大切にし、共に歩んでいる社会的な位置づけであることを表現しており、事業活動を通してアテネのCSR活動を推進していく基本方針そのものと言えます。

CSR方針『お客様のよろこぶ顔が見たい』

 私たちアテネは、「社訓」と「経営理念」に基づき、事業活動を通じて社会の発展に貢献します。法令並びにそれらの精神を遵守し、誠意を尽くし誠実な事業活動を行います。
 持続可能な発展のために、全てのステークホルダーを「お客様」として考えた経営を行い、公正なコミュニケーションを通じて、「お客様」との健全な関係の維持・発展に努めます。そして取引先がこの方針の趣旨を支持し、それに基づいて行動することを期待します。

「お客様」
 私たちアテネは、「お客様のよろこぶ顔が見たい」という信念に基づき、世界中の人々の生活を豊かにするために、お客様の様々な期待に応える高品質な製品とサービスを開発・提供します。
各国の法律およびその精神を遵守し、お客様をはじめ事業活動に関わる全ての人々の個人情報保護の徹底に努めます。

「従業員」
 私たちアテネは、「社の発展が社員の生活安定と向上につながる経営を行う」という経営理念のもと、従業員を尊重し、個々人の成長する機会を提供します。
均等な雇用機会を提供するとともに、従業員の多様性・一体感を大切にします。また、従業員に対する差別を行いません。
全従業員に対し公正な労働条件を提供し、安全かつ健康的な労働環境を維持・向上するよう努めます。
事業活動に関わる全ての人々の人権を尊重し、いかなる形であれ強制労働・児童労働は行いません。
従業員との誠実な対話と協議を通じ、相互の信頼と価値観を共に分かち合います。そして、会社が発展し従業員が幸福になるよう、共に努力します。
従業員が自由に結社する権利または結社しない権利を、事業活動を行う国の法令に基づいて認めます。
経営トップの率先垂範のもと、倫理的な行動を促す企業文化を育て、それを実践していきます。

「取引先」
 私たちアテネは、仕入先・販売店などの取引先を尊重し、長期的な視野に立って相互信頼に基づく共存共栄を目指します。
取引先の決定にあたっては、規模に関わらずその総合的な強みによって判断します。
各国の競争法の規定と精神を遵守し、公正かつ自由な取引を維持します。

「株主」
 私たちアテネは、顧客の創造を目的とした経営を実践し、長期安定的な成長を通じ企業価値の向上を目指します。

「環境」
 私たちアテネは、事業活動全般に関わる環境影響に配慮し、積極的に環境保全を推進し、社会に貢献します。

「社会」
 私たちアテネは、各国の文化・慣習・歴史および法令を尊重し、「人間性」を尊重し経営を実践します。
過度の接待や取引先による贈収賄を許さず、誠実で公正な関係を維持します。

「紛争鉱物」
 私たちアテネは、製造する製品や原料の中に長引く紛争の資金源となる紛争鉱物は使用いたしません。このために仕入先様にご協力をいただき徹底いたします。

「社会貢献」
 私たちアテネは、生産活動を行う湘南地域において、豊かな社会づくりを目指し、社会貢献活動を積極的に推進します。

社会貢献の事例

  1. 藤沢市かながわ海岸美化財団共催の「ゴミゼロクリーンキャンペーン」に毎年参加し湘南海岸の環境美化を行っています。
  2. 地域貢献として毎朝事業所周辺の清掃活動を実施しています。
  3. ペットボトルのキャップを事業所内および社員からの持ち寄りにより収集し、世界の子供達にワクチンを届けるために役立てています。

組織図

推進体制図

ヘルプライン

ヘルプラインとは
社内において法令違反、不正行為が発生またはその恐れのある状況を知った者が、上司に相談する以外のルートでそのような状況に適切に対応できる窓口に直接通報することができる仕組みのことです。
また「ヘルプライン」は各種のハラスメント行為に対する通報及び救済依頼などを受け付ける窓口にもなっています。これは企業のコンプライアンス経営を有効に機能させる上で重要な役割を担っています。

ヘルプラインの窓口は
社内で公表している総務課及び経営企画室の一部メンバーです。

対象は
本社、第1工場、第2工場全ての従業員が対象となります。

対応方法は

  1. 報告・相談・告発を受けた場合はその内容についてメモを取り受理します。
  2. 受ける側はいかなる思い込みも排除し中立を維持し公正・公平・誠実な対応を行います。
  3. 知り得た情報については秘密保持を貫き個人情報の保護を行います。
  4. 得た情報については総務部長または総務部次長に報告を行い、対応方法を検討します。
  5. 通報者の不利益にならないように配慮します。
  6. 必要に応じて調査を実施します。(通報者は匿名のままとすることとします。)
  7. 調査結果を基に必要に応じて懲罰委員会を招集して審議します。

窓口の罰則について
ヘルプライン対応窓口の者が受領した内容について不用意に他者に伝えたりした場合は、就業規則、業務上の機密及び会社の利害に関係ある事項を他に洩らすことに該当します。
これにより懲戒の6種の中から罰則を受ける場合があります。

CSRご協力依頼について

拝啓 貴社益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。
また平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて弊社では近年の国際社会でのCSR活動(企業の社会的責任)に対する関心の高まりから「世界に必要とされる企業」を目指し、トップコミットメントに基づきCSR活動を推進しております。
2014年からスタートいたしましたCSR活動ですが自社活動だけにとどまらず、お取引先様にも弊社の活動をご理解いただき、ご賛同をいただきたくお願いをさせていただくこととなりましました。
既にCSRの取組を進めていらっしゃる企業様におかれましては失礼なお願いにもなりますが、ご協力をいただきたいと思います。

つきましては新規お取引に際しましては、別紙のCSR方針をご確認いただきまして責任者様の自筆のご署名を頂戴しpdfまたは両面コピーにてご提出をお願い申し上げます。

敬具

  1. ご提出いただく内容
    「お取引様へのご協力要請」(PDF:225KB)
    責任者様のご署名をいただき、両面コピーまたはpdfにてご提出をお願い致します。
  2. ご提出期限
    弊社購買担当とお打ち合わせ願います。
  3. お送り先・お問い合わせ先
    アテネ株式会社 総務課内CSR推進事務局 小林
    電話:0466-26-1234
    E-mail:h.koba@e-athene.co.jp(pdfの送り先もこちらです)